ニキビの膿はどうするのが正解?正しい対処法とNG対処を一挙大公開!

ニキビが悪化すると膿が溜まった状態のニキビができますよね。

このように膿が溜まってしまうニキビの場合には、適切な処置をしなくてはその後ニキビ跡になって一生悩むことになりかねません。

そこで今回はそんな膿の溜まったニキビの正しい対処法とNG対処を一挙大公開します!

ニキビが膿む原因

 

この膿のニキビのことを一般的には黄ニキビと呼びます。

黄ニキビは、毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまい炎症を起こすことが原因でできてしまいます。

ニキビの悪化して行く段階では、かなり悪化が進んでいる状態で、赤ニキビと呼ばれる段階よりもさらに炎症が悪化してしまっているため、自己ケアで治すのは非常に難しいニキビです。

 

▼参考記事

大人ニキビの正しい治し方を知っていますか? 若いうちは青春のシンボルだなんて言われていたニキビも、大人になってからのニキビは頑固で治りにく...

 

ニキビの膿を出すのはNG?正しい対処法について

 

よくニキビの膿は早く治したほうが綺麗に治ると書かれているウェブサイトがありますが、それは大変危険です。

ニキビを潰すということは、炎症によって肌が傷ついた状態のところにさらに傷をつけるということになるので、その後の適切な処置ができなければ、その傷はニキビ跡として残ってしまいます。

そのため、基本的に黄ニキビを潰してしまうことはNGです。

 

膿の袋のような部分に膿汁が溜まっているのが見える時は潰しても良い?!

 

どうしても膿が溜まりすぎて気になってしまう!というときもあると思います。

もしそのような場合には皮膚科へ行って治療をしてもらうようにしましょう。

専門医の人による判断で「潰してもいいニキビ」と判断され、その後のケアも丁寧に行ってもらえるという保証のもと、行なうようにしましょう。

 

膿が出ない場合ってどういう状態?

 

膿が皮膚の奥深くに溜まってしまっている場合には、膿が出てこないケースもあります。

このような場合に指先や爪先で押し潰すように触れてしまうと、ほぼ確実にニキビ跡になります

そのため、膿が見えていない状態ということは、奥の方で炎症が起こっている可能性も考えられますので、内側からのスキンケアで自然治癒を促しましょう。

 

▼関連記事

あなたは肌のターンオーバーって聞いたことがありますか? きっとお肌のことで悩んだことがある人であれば、どこ...

 

膿疱をつぶしてはいけない理由

 

実際に膿のあるニキビを潰してはいけない理由というのがどんなことがあるのでしょうか。

 

毛穴の壁が壊れて炎症が広がってしまう

 

上でも紹介しているように、黄ニキビはすでにニキビの中でも炎症がかなり進んでいる段階になります。

そのため、膿んだニキビを潰すことによって毛穴の壁が壊れて、他の毛穴まで広がってしまい、結果的にニキビが広がってしまうということにもなりかねないのです。

 

ニキビ跡になる

 

毛穴が壊れてしまうということは、表面だけに限らず皮膚の真皮層までダメージがいってしまうことになります。

このような皮下組織までにダメージが及んでしまうと、その傷跡というのは簡単には治りません。

 

その傷跡こそがニキビ跡であるため、潰すのは簡単なニキビですが、治すのが難しいニキビ跡を作らないためにも適切な処置を理解しましょう。

男でも顔にニキビ跡があると気になりますよね。 せっかくであれば子ども頃のような綺麗な健康的な卵肌に戻りたい!と思う人も多いのではないでしょ...

 

潰してもいいニキビとダメなニキビの見分け方

 

まず基本的に潰しても問題がないニキビと、絶対にダメなニキビの違いを押さえましょう。

今回紹介しているニキビは何度も言いますが、「黄ニキビ」というニキビが進行したニキビであるため、絶対に自分で潰してはいけません

 

潰してもいいニキビというのは、まだニキビの症状が悪化した状態ではなく、初期ニキビであるいわゆる「白ニキビ」の段階だけです。

白ニキビである場合には、以下のようなグッズを使えば綺麗に治すことができますが、黄ニキビの段階ではすでにこのグッズでは対応できないもっと大きな問題なので注意が必要です。

 

 

以下では潰してはいけないニキビの特徴を紹介するので、自分で潰してはいけないニキビがどのようなニキビであるかを判断できるようにしましょう。

 

膿が皮膚の奥深くにあり、膿が出ない場合

 

まず一つ目の潰してはいけないニキビの特徴は、膿が皮膚の奥にあり、膿が出てこないけれどもプニプニした感触のニキビです。

これはすでに黄ニキビよりも進行した「紫ニキビ」と呼ばれる危険な状態である可能性もあるため、できるだけ触らないようにすることが重要です。

膿が出ないようなニキビというのは、素人の場合にはすでにどれくらい進行したニキビであるかを判断することは非常に難しいので、迷ったら触らないことが大切です。

 

膿が緑である場合

 

これは冒頭からも紹介しているように、緑っぽい膿がニキビに出ている場合には、「黄ニキビ」である可能性が高いので、白ニキビと勘違いして潰すことのないようにしましょう。

 

ニキビの膿を潰して血が出たときの対処法

 

そうとは言っても、気になる黄ニキビですので、つい触ってしまって潰れてしまった!!なんてこともあるかと思います。

その場合には慌てず適切な処置を行い、できるだけニキビ跡にならないように清潔に保つようにしましょう。

そこで以下では、ニキビの膿を出して血が出た場合の対処について紹介します。

 

ティッシュで優しくふき取り清潔に保つ

 

もしニキビを潰して血が出てきてしまった場合には、以下のような手順でケアを進めましょう。

  1. 手を石鹸で洗う
  2. 綺麗なティッシュでニキビから出る血や液を拭き取る
  3. 以下で紹介するスキンケアを行う

 

基本は放置

 

冒頭からずっと同じことを繰り返しますが、まずは潰さないことが第一です。

もし万が一潰れたからといって自分でもっと膿を出すのはNGであり、基本は放置して、内側や外側からのスキンケアによって治すことが、綺麗に治すために必要であることを忘れないようにしてください。

 

膿が潰れたニキビのニキビ跡を防ぐには?

 

上の③のニキビが潰れてしまった後に、ニキビ跡として残らないようにするためのオススメのスキンケアを紹介します。

 

ニキビ跡を防ぐスキンケアはシーボディがおすすめ

 

もしニキビ跡ができてしまいそうで不安!という方にはシーボディのスキンケア商品がオススメです。

 

シーボディ【VCシリーズ】VCスターターセット
「VCスターターセット」は化粧水・美容液(医薬部外品)・クリームの5日間のお試しセットです。

毛穴・ニキビに有効な成分を厳選してマルチに配合しています。

お肌に負担がかかる成分は極力排除している無添加処方のため、敏感肌の方にも安心してお使いいただけます。

まずは5日間のお試しセットがおすすめです。

商品リンク 【VCシリーズ】VCスターターセット
評価
価格 1,800円(初回限定)

 

ニキビの膿の丁寧な処置を理解しよう

 

以上が膿の溜まったニキビの正しい対処法とNG対処でした。

今あなたが膿のあるニキビの対処に悩んでいるのであれば、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

関連記事

固いニキビの治し方|触ると痛いニキビケアは慎重に行なおう

赤ニキビができたら要注意!正しいケアでニキビ跡になるのを防ごう

ニキビは対策することで予防できる|日常生活の中でできるニキビ対策とは?

肌荒れニキビを治したい|原因を知って綺麗に治そう

ニキビは肌断食で治る!?肌断食のやり方と注意すること

男のニキビケアのマニュアル|正しいスキンケアで美肌をゲット